読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゴンゴンのダイエット日記

日本人には米より粟

2012年10月22日(月) の食生活

  • バナナ
  • 牛乳

  • 中華あんかけ麺セット@新天町倶楽部
    • あんかけラーメン
    • 炒飯
    • サラダ

  • レタスをちぎったサラダ
  • 豚肉としめじ入りトマトソーススパゲティー

会社の近くに新天町という商店街があって、そこの従業員のための食堂の新天町倶楽部というやつが商店街の中にある。今日はそこで昼を食べた。中華あんかけ麺セットというやつで、炒飯とサラダとあんかけラーメンという内容だった。あんかけラーメンはあんかけラーメンなのに麺が博多ラーメンの細いやつであり、延びるから急いで食べなければと急いで食べようとしたのだけど、あんかけなので当然のように熱がこもっており、大変熱い思いをした。最後の方はさめていたけど麺がのびきっていて、博多ラーメンの麺であんかけラーメンを作るなんて福岡人のエゴだよなと思った。

新天町倶楽部で炒飯を作ってるおじさんの動作が面白い。中華鍋ではなく洋風のフライパンで炒飯を作っている。結構長い時間、火にかけっぱなしで他のことをしていたりするけど、不思議と焦げない。三人前分くらいの炒飯を作りながら隣のコンロに置いた別のフライパンでオムライス用のチキンライスを作っていたりする。中体西用的な感じがした。

新天町倶楽部は会社の近くなので一人で来ていて会社の人(集団で来ている)にはちあわせると気まずい。会社支給の食券が使えるカフェガレリアでもはちあわせるけど、一人で来ているときに会社の人達の集団がいるときの気まずさはなんだろうか。みんな誰かと連れだってごはん食べに来てるのに自分だけ一人なのは協調性がないのがあからさまになってしまう。一人で大人しく食事をしようとしているだけなのに遠くから「プー、クスクス」と笑われているようで落ち着かない。

最近気に入っているのは福岡市役所の職員食堂だ。会社から少し遠いので会社の人に会うことはまずない。値段もやすい。親子丼は330円で食べられる。味はグルメな人に言わせるとダメダメかもしれないけど、自分はグルメじゃないただの大食漢なので食べられれば何でもいい。

グルメといえば、グルメ過ぎる人が俺は嫌いだ。社食とか学食とか吉野家の牛丼とかはまずいと決めてかかって一切食べようとしない人が嫌いだ。小金を持っていても富士そばに足繁く通うような味覚の持ち主の方が好感が持てる。

自分が病院に入院していたとき、グルメな人たちは病院食をストップしてもらって昼夜は病院の外に食べに行ったり出前を取ったりしていた。ああいうのに慣れなかった。病院食は特別うまくはないかもしれないけど、全く食べずに外にものを食べに行くのは間違っているような気がした。自分は病人時代にまだサラリーマンを経験したことがなかったので金銭感覚が子どもだったのかも知れない。病院食は一食260円程度であり、栄養のバランスも考えられている。それを食べずに揚げ物とかばっかり食べてたらお金は減るし治る病気も治らなくなるような気がする。もちろん栄養のバランスがとれていてもまずいものを食べるよりは、栄養のバランスがとれていないうまいものを食べた方がテンションは上がる。そういう食べ物をたまに食べることの必要性は認めるけど、外食ばかりしていては身を滅ぼす。外食自体が破滅をもたらすのではなく、外食に依存しきった精魂が腐っており、ついには身を滅ぼすのだと思う。

夕飯は買ってきたしめじを冷凍庫の豚肉と買い置きのトマトソースと掛け合わせてトマトソーススパゲティにして食べた。おわかりかと思いますが酒を飲んでいますのでご覧の有様です。